3Sは、各種調査にあたり、以下の三つの遵守を徹底します。

  • ​​依頼者のプライバシーや名誉その他の人権を尊重するとともに、知り得た秘密を厳守すること

  • 依頼者を含む当事者にとって適切かつ効果的な対応は何かという視点を常に持つこと

  • 事態を悪化させないために、迅速な対応を心がけること

裁判資料の収集

公開情報の分析、関係者への取材、行動調査、潜入調査、秘匿カメラによる撮影など、裁判で必要になる情報・証拠の収集を行います。

IMG_0851_edited.jpg

身辺調査

  • 法的手続きの相手方(交通事故加害者等)

  • 債務者の調査

  • 交際相手や配偶者の不貞行為の調査

  • 元従業員や会社役員の動向調査

  • 取引相手や事業パートナーの信用確認調査

IMG_7612_edited.jpg
IMG_1687_edited.jpg

人探し

  • 音信不通の家族や相続人の調査

  • 債務者の調査

  • 家出人の調査

  • ストーカー被害者のための調査

  • DV被害者のための調査​

IMG_3699_edited.jpg

知的財産権の調査

模倣品・海賊版の出所、流通範囲を調査することは、相手方を知り、対策を検討するために不可欠です。また調査結果は裁判になった場合の証拠としても重要になります。

IMG_2431_edited.jpg
IMG_4135_edited.jpg

ストーカー対策

「誰かにつけられている」などのちょっとした不安や、異性による一方的なつきまとい行為、ご近所トラブル、盗聴、盗撮などのストーカー対策にはまず、相手方を特定すること、また同時に相手方の不法行為を映像をとして記録することが問題の早期解決につながります。

IMG_3099_edited.jpg

※弊社は、重大な人権侵害につながる身元調査は一切お引き受けいたしません。